スラングでスタンディングとは?

USの男子トイレ

FC2ブログランキングです

スラングでスタンディングとは


こちらで生活する上でかかせないのは、スラングに対する理解力。

色々な局面で、様々なスラングに触れカリフォルニアに慣れるしか有りません。

例えば、トイレ。
トイレットじゃないですよ。

正しく云えば「Bathroom」ですが、日本の浴室ではありません。


で、男同士でいる時に
I'm going to the bathroom.

となると、「こいつ、キモ!」ってイヤな感じ;)
ニュアンス的には、「おトイレに行ってくるわ♪」で勘違いされマズいです。

スラングで正しくは、
I'm gonna go the standing. か、I'm gonna go the standing room.
そう、男子トイレはスラングでスタンディング。

画像は、タワー23。
日本と比べてデザインも違えば、高さが違うのがわかりますか?



ブログピープルランキング
金沢市のSEO対策とホームページ制作会社 IN-A-TRANZ ウェブデザイン事務所のホームページです。
https://in-a-tranz.net/
Slang | comments (0) | trackbacks (0) | posted by TJey

アメ人が好んで使うシンボルマーク

 
 

日本人には馴染みがないアメリカで使われるシンボルマーク



X :キス

# :ナンバー(No)

+ :アンド(&、and)



これらはカリフォルニアに限らず、全米で使われるシンボルマーク。

ただ、知らずに乱用すると誤解されるので注意。


X(キス)は、ごく親しい人や恋人に宛てるメールや手紙の最後に
使われるシンボルマークだが、XX(ダブルエックス)と並べると、
全く違う卑猥な意味となってしまうので注意が必要。

XOXOは、ブランドにも有る様に(キス+ハグ)の意。


FC2ブログランキング



ブログピープル用ランキング
金沢のホームページ制作・SEO対策とウェブコンサルティング会社IN-A-TRANZのホームページです。
https://in-a-tranz.net/
Slang | comments (0) | trackbacks (0) | posted by Josh

進化するSo-caliのスラング



スラングは進化している





ここ数年、スラングが急激に進化している。
挨拶にWhat's up!などと言っているのは、旅行者の日本人位。
他の州は知らないが、So-Caliサンディエゴでもはや、What's up!は死語に近い。


顕著に感じるスラングの進化は、スマホ普及によるスペルと発音の変化が大きい。

that→dat
the→da

日本人が「ザット」や「ザ」と発音する様にアメ人は、datやdaと発音する。


そのスラング発音の間々に、スペルが変わってきた。
これは、スマホが普及し文字数を少なく打ち込む事による影響。


sister→sista
mother→motha

という風に、語尾がrで終わる単語は、省略される。


2015年に入り、見慣れないスペルや聞いた事のない単語が目立ち始めている。


FC2ブログランキング



ブログピープルランキング
金沢のホームページ制作・SEO対策会社IN-A-TRANZ Web deSIGN事務所のホームページです。
http://in-a-tranz.net/
Slang | comments (0) | trackbacks (0) | posted by Josh

MENU

- CLOSE -