金沢・白山市の翻訳サービス会社Office IPOMOEA様のホームページ制作をいたしました。

ウェブデザイン制作実績

FC2ブログランキングです

金沢・白山市の翻訳サービス会社Office IPOMOEA様のホームページ制作


金沢・白山市を中心に、専門性の高い翻訳サービスを提供されている『office IPOMOEA(オフィス・イポメア)』様より
ホームページリニューアルのご依頼いただき、ホームページ制作をいたしました。

実際にオフィスへお伺いし、他社で制作された現ホームページに関するお困りごとや、ターゲットユーザー層、
事業の将来的な方向性などを細かくヒアリング、ウェブコンサルティングした上で、
情報整理を行い、最適な企画・ご提案させていただきました。

IPOMOEA様では、英語や中国語に特化した翻訳をはじめ、
通訳・コンサルティングなど、きめ細かなサービスを提供されています。


スマホ対応サイト レスポンシブデザインを導入


スマホ対応デザイン

ターゲットユーザーに合わせた、スマートかつフォーマルなデザインを提案させていただきました。
アクセントカラーとして、社名の由来でもある「朝顔(Ipomoea)」のパープル色をバランス良く取り入れました。

グローバルデザインは、IN-A-TRANZが得意とする独自のSo-Caliデザインです。
テンプレは一切使用せず、Ipomoea様だけの完全なオリジナルのウェブデザインです。

また、企業様からのご依頼だけではなく、個人のお客様からのご依頼にも考慮され、
パソコンおよびスマホ対応サイト、Googleが推奨するレスポンシブデザインでの制作です。


白山市の風景

office IPOMOEA 様のオフィスがある白山市。
お打ち合わせに何度かお伺いしましたが、訪れる度に、空気が美味しく自然豊かで、とても住みやすい街だなぁと感じます。

office IPOMOEA 様、この度はインナトランスへのご依頼、誠に有難うございました。
貴社の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。

技術翻訳 office IPOMOEA 様のホームページです。

http://ipomoea.biz/



ブログピープルのランキング
金沢のホームページ制作・SEO対策会社IN-A-TRANZ Web deSIGN事務所のホームページです。
https://in-a-tranz.net/
Web | comments (0) | trackbacks (0) | posted by Maya

AliExpress (アリエクスプレス) が届かない!トラブルシューティング集

AliExpress

【AliExpress(アリエクスプレス)で商品が届かない場合の対処方法】


AliExpress(アリエクスプレス)で商品を購入し、セラー側から発送されたが、商品が届かない場合の、色々な事例をまとめました。
マレーシアでトラッキングが止まったままの事例、実際に到着するまでの配送目安日数、
アリエクスプレスで良くある事例です。



FC2ブログランキングです

1.セラー側から発送はされたが、商品が届かない場合


セラー側から商品を発送したと、"Seller shipped order"が有ったが商品が届かない場合。

1.トラッキング番号の確認は出来るが、実際には追跡出来ない場合

セラー側は発送の際に、AliExpress(アリエクスプレス)システム側で発送処理を行います。
その際、セラー側はお店のPCから"shipping invoice"(宅急便の送付状と同じです)をプリントアウトします。

この時点で、AliExpress(アリエクスプレス)の[My AliExpress]-[My Orders]内では、出荷された事になりますが、
セラー側が、実際に発送するまで2~3日放置は当たり前でAliExpressのシステム上、
実日数で7日間以内に実際に発送すれば良い為、最長7日間トラッキングデータが動かない場合も有ります。

日本と違い、いい加減なセラーが多いAliExpress(アリエクスプレス)で良くある事例です。

以下が実際のトラッキングデータです。


------------------------------------------------------


Japan
Destination Country

2016-12-13
18:44:00
【920-8799】Successful delivery
2016-12-13
05:28:00
【ISHIKAWA,920-8799】Processing at delivery Post Office
2016-12-13
00:00:00
【ISHIKAWA,920-8799】Absence. Attempted delivery.
2016-12-12
20:00:00
【AICHI,479-0199】Departure from inward office of exchange
2016-12-12
09:15:00
【AICHI,479-0199】Held by import Customs
2016-12-12
07:56:00
【AICHI,479-0199】Arrival at over land transport
2016-12-12
02:30:00
【TOKYO,138-8799】Dispatch to overland transport
2016-12-11
04:30:00
【TOKYO,138-8799】Held by import Customs
2016-12-11
02:26:00
【TOKYO,138-8799】Arrival at inward office of exchange
2016-12-10
00:18:00
【CHINA, 】Dispatch from outward office of exchange
2016-12-09
20:25:00


Original Country
2016-12-13
18:44:00
【JAPAN JP9208799 】Delivery
2016-12-13
14:11:00
【JAPAN JP9208799 】Attempted delivery
2016-12-13
05:28:00
【JAPAN JP9208799 】Arrival at Delivery Office
2016-12-12
20:00:00
【JAPAN JPJPNGOA 】Released from Customs
2016-12-12
09:15:00
【JAPAN JPJPNGOA 】Handed over to Customs
2016-12-11
04:30:00
【JAPAN JPJPTYOA 】Handed over to Customs
2016-12-11
02:26:00
【JAPAN JPJPTYOA 】Arrival at Sorting Center
2016-12-10
01:44:16
【ShangHaiShi SHANGHAI 】Despatch from Sorting Center
2016-12-09
20:25:00
【ShangHaiShi SUDIDAZONG 】Posting

Tracking number:
EV********CN

logistics company:
e-EMS

Shipping time:
2016-11-30 06:28:56

receiverAddress:
Kanazawa City ,Ishikawa , Japan


-----------------------------------------


セラー側は、11/30に発送したと連絡をしていますが、実際は12/9に運送業者へ手渡した事がわかります。
上記の場合は、発送方法がe-EMSでの発送なので中国から日本までは、約4日間で届きました。


この様に、インボイスだけ発行し、実際の商品を発送しないセラーには、My AliExpress内の
Order Messageから躊躇無く[Open Dispute]しましょう。

[Open Dispute]されるとセラー側は、まずAliExpress(アリエクスプレス)のシステムから警告を受けます。
この警告数が1日あたり、ある件数に達するとセラーのストア内全商品が売止措置となります。

つまりストアがカラになってしまい、商品在庫ゼロなワケです。

こうなると、商売自体が出来なくなる為、[Open Dispute]されれば、どのセラーも対応が良くなったり、
急にメッセージのレスポンスも良くなります。



2.マレーシアで止まった間々、トラッキングが動かないAliExpress Standard Shipping


1.紛失続出なAliExpress Standard Shippingは危険!

運賃が激安でセラー側にメリットの多いAliExpress Standard Shippingは、
Free Shippingで良く使われる配送方法です。

実際の運送会社は、"SunYou"という中国の会社が担当しています。

中国各地から集荷を行い、マレーシアにあるSunYouの集荷倉庫に集められます。
セラー側からマレーシアのSunYouの集荷倉庫まで実日数で3~4日間位です。

この先が問題で、マレーシアから日本までは船便で輸送されます。
しかも、マレーシア内で日本行きのコンテナが満載になるまで荷物は止まった間々になります。

ここで待っている間に、荷物が紛失や行方不明になる場合がほとんど。
今までの経験上、マレーシアでの待機時間は45~60日間です。

これ以上、待機時間がかかった場合は全てMissing(行方不明)となりました。
保護期間が切れる前に早めのOpen Disputeをオススメします。

無事に届いた場合でも、オーダーから到着までAliExpress Standard Shippingを選ぶと、
最低でも2ヶ月間は配送時間がかかってしまいます。

絶対に選択してはいけないのが、AliExpress Standard Shippingです。


 

3.セラー側に配送方法を勝手に変更された!


1. "China Post Registered Air Mail"を選択したのに、AliExpress Standard Shippingで発送されてしまった!

日本では考えられない、日本の常識が通じないのが中国です;)
勝手に配送方法を変更される事は良くある事案で、珍しい事ではありません。

勝手にAliExpress Standard Shippingで発送されない為には、オーダー前にセラー側へ
間違いなく、希望する発送方法で出荷するのか?と、メッセージを入れ確認しましょう。
これは、後々Open Disputeする際にも証拠となるのでセラー側も絶対に約束を守ります。

ここでレスが無いセラーや、AliExpress Standard Shippingでも大丈夫だよ・・と、
言う様なセラーとは、トラブル要因となるので取引自体を止める事です。

2.中国から日本までの配送期間

だいたいの目安です。
セラーが業者へ実際に荷物を引き渡してからのリードタイムです。

1.AliExpress Standard Shipping 45~75日間

2.China Post Registered Air Mail 9~30日間

3.China Post Ordinary Small Packet Plus 10~15日間

4.PostNL 30~45日間

5.e-EMS 4~9日間

6.UPS 3~7日間

7.DHL 3~5日間

送料を安く抑えたいなら、China Post Registered Airです。
速く到着させるならCP率の良い、e-EMSがオススメです。
 

4.Open Disputeに備えて、開封前の動画・画像撮影を忘れずに!


1.開封する前に証拠(動画と画像)を作成する。

到着しても破損や型違い等々、様々なトラブルが考えられます。
相手は中国人。日本の常識が全く通らない事を肝に銘じましょう。

Open Disputeを発動させ、リファンド請求するにしても証拠が必要です。
高額商品の場合、開封の様子を必ず動画で撮影して下さい。

壊れている現物、色違い商品が開封して出てくる場面を撮影出来た場合は、
過去の経験上100%、リファンドが成功します。


2.Open Disputeの手順です。

※AliExpress経験者を前提で、説明します。

1.Open Disputeを発動。

2.10日間のリードタイムがスタート。
この間、セラー側から妥協案(代替発送や交換)が提案される事もあります。
リファンドを目的とする場合、ハッキリと拒否の意思表示をメッセージで送ります。

3.10日間のリードタイムを過ぎるとAliExpress(アリエクスプレス)管理者から直接、E-Mailが届きます。
ここで、証拠の画像や動画のUPを求められます。Open DisputeページからUPします。

もし動画を撮影していなかった場合は、諦めましょう。
AliExpress(アリエクスプレス)管理者側の言い分は、
・開封後に壊した
・開封後に同一の他商品とすり替えた
可能性が考えられるので、要求は却下すると回答されます。

無事に要求が通れば1週間~2週間程度で、全額クレジットで返金処理されます。





ブログピープルのランキング
金沢のSEO対策・ホームページ制作会社IN-A-TRANZ Web deSIGN事務所のホームページです。
http://in-a-tranz.net/
Web | comments (2) | trackbacks (0) | posted by admin

能登島(のとじま)の不動産屋ホームページを制作しました。

能登島(のとじま)の不動産屋ホームページを制作

FC2ブログランキングです

能登島(のとじま)の不動産屋ホームページ


こんにちは、Mayaです。

石川県七尾市にある能登島をご存じですか。
以前は「能登島町」でしたが、七尾市と合併した能登半島の美しい島です。

能登島大橋から見える夕景

金沢からは無料となった、のと里山海道をクルマで約1時間半。
和倉温泉側からは、能登島大橋を渡るルート、
中島町からは、ツインブリッジ能登を渡る2つのルートがあります。

この度、能登島で不動産業を営む、「のとじまの不動産屋」様のホームページを制作しました。
能登島の不動産物件をはじめ、七尾市の不動産も扱う地元の不動産屋さんです。

近年、スローライフな島暮らしに憧れる方や、週末田舎暮らしをされる方々が増えて、
能登島の不動産屋様でもホームページを通じて全国から問い合わせが急増しているそうです。

能登島から見える風景

お客様である、株式会社のとじまの不動産屋様とのホームページ制作お打合せの為、
何度か能登島を訪れましたが、島の美しさには本当に魅了され感動しました。

透明度の高い透き通る海岸、イルカが泳ぐ穏やかな能登島の海や、
ゆったりと流れる島時間・・。とっても美しく素敵な能登島でした。

株式会社のとじまの不動産屋
http://noto55.net/

住所:〒926-0202 石川県七尾市能登島八ヶ崎町6-4
TEL:0767-84-1888





ブログピープルのランキング
金沢のSEO対策・ホームページ制作会社IN-A-TRANZ Web deSIGN事務所のホームページです。
http://in-a-tranz.net/
Web | comments (0) | trackbacks (0) | posted by Maya

MENU

- CLOSE -