USトヨタのリコール・インフォメーション。 プリウスがブレーキ不具合でリコール。

ホームページ, 制作, 作成, 金沢, ウェブデザイン, 事務所, SEO対策 pu001




リカルドのガールフレンドが運転するプリウスで
ティファナからエンセナーダに向かいドライブ中の1シーン。


ところで。
トヨタのプリウス欠陥隠し問題。

トヨタがいくら言い訳しようが誰が見ても欠陥隠し。

まさか、USトヨタがここまで失墜するとは夢にも
思いませんでした。アメリカ人のUSトヨタ、特にレクサスに
対する信奉は日本人の私には行き過ぎ感を常々感じていたので
一気にUSトヨタに対する信頼度が崩壊していくのには驚きです。


過剰なマスコミのプリウス報道にも一因がある様に思えますが
USに居て感じるのは日本車、特にトヨタの信頼性はNo.1と
思い込んでいた人達が、今回プリウスのトヨタ本社の対応に対し
裏切られ感を感じたのが急激なUSトヨタ離れの要因と感じます。


アメ人は0か1、白か黒、YesかNoな人種。
ゴチャゴチャ日本流の曖昧さで誤魔化そうなどとせずに
即刻、プリウスの不具合を認めリコールを行えば、
こんな大事にはならなかったはず。


以前、セクハラ問題で三菱車が売れなくなったのと同様、
今回のプリウスの回生ブレーキ制御、ABS制御不具合はUSで
大打撃になりそう。自業自得ですね。

CNNでトヨタ本社の品保担当、横山裕行常務の会見を見ましたが
「シロウト的に言うと…」
「不具合ではなくお客様のフィーリングの問題なので欠陥ではありません…」
ヘラヘラと気味悪い薄ら笑いを浮かべながらカメラの前で
コメントする品質保証のトップを取り巻きは止めれなかったのか!?
全世界にバカ面がTVを通して放送されYouTubeで配信されもはや手遅れ:P

ここまで消費者をバカにした発言を堂々と会見で話すこと自体が
トヨタ本社首脳陣の感覚が麻痺しているというか・・・。
誠意が無い!に尽きます。

典型的な「カゴの中の鳥状態」なポン人の発言。
呆れます。
こんなバカな奴と同じ日本人なのが恥ずかしい!!!


トヨタの言い訳会見に納得した周りのアメ人は皆無!
さらに心証を悪くしただけ。私も同感。皆、怒りを露わに。
元々トヨタは興味の対象外でしたがトヨタ車にはこれからも
乗らないでしょうし、これからも乗りません。
トヨタに対する非難は日増しに強くなっています。


三菱の時やファイヤーストーンのリコールで学ばなかった
トヨタ本社首脳部の大きな誤算。カリフォルニアでのトヨタと
プリウスのブランドイメージは今やガタ落ちです。

落ちる所まで一度、落ちないとトヨタは学ばないでしょう。


隠ぺい体質で道を誤ったトヨタ(ウォール・ストリート・ジャーナル)
http://jp.wsj.com/Business-Companies/Autos/node_31421



プリウスのブレーキ不具合に関するトヨタ自動車プレスリリース
http://www.toyota.co.jp/announcement/100205.html


TOYOTA Recall Information.
http://www.toyota.com/recall/







金沢のホームページ制作, 作成ならインナトランス,ウェブデザインのブログピープル用ランキングバナーです。
:金沢ホームページ,制作とウェブデザイン,
インナトランスのホームページはこちら。 http://in-a-tranz.net
Car+Moto | - | trackbacks (0) | posted by TJey

Trackbacks

MENU

- CLOSE -