女の子でも出来る HDDからSSDへの移行・交換 SSDの取り付け作業・手順です | Vol.1

Inte SSDの画像です

FC2ブログランキングです

女の子でも出来る HDDからSSDへの移行・交換 SSDの取り付け作業・手順 | Vol.1


こんにちは、Mayaです[happy01]

日々、価格.comでチェックしていたインテルのSSD、 330 Series SSDSC2CT120A3K5 が、
そろそろ底値になってきたのでAmazonで購入しました。
SSDが120GBで7,790円! これはお買い得です[scissors]

数年前には数万円していたSSD。ここまで価格が下がるのは、需要がある証拠ですね。

Intel SSD 330 120GBの外装です。
インテル 330 Series SSDSC2CT120A3K5 のパッケージ。

インテルのSSD選定理由としては、PCとSSDの相性が良く品質が安定していること、
また、現在使用している内蔵HDDをごっそりそのままSSDへ簡単に移行・交換ができる
Intel Data Migration Software が無料で使えることです。



Intel SSD 330 120GB セット内容です。

私が購入したSSD、インテル 330 Series SSDSC2CT120A3K5 リテール製品には、SSD本体の他、
SATAインターフェースケーブル、3.5インチのマウンティングアダプター、
4ピンの電源コネクター専用のSATA電源アダプター、付属CD、
それに「SPEED DEMON」のロゴがお洒落なステッカーつき。
でもこのステッカー、SSD本体よりも大きくてSSDには貼れません。(笑)



Intel SSD 330 120GBの付属CDです。

早速、付属CD内の取説に従って、HDDからSSDへの移行・交換を進めていきます。

CD内には日本語の取説が入っていて、SSDへの移行・交換の手順がわかりやすく明記されているので
取り付け作業が苦手な女の子でも簡単に出来ます。(*'ー'*)v

HDDからSSDへの移行・交換の手順は以下のとおり。

1.HDD内の整理、バックアップ
2.データ移行ソフト「Intel Data Migration Software」のダウンロード
3.PCにSSDを接続
4.「Intel Data Migration Software」を使って、HDDからSSDへデータ移行
5.BIOSで起動順序の変更
6.SSDからの起動確認とSSDの最適化

では、SSDへの移行スタート[shine]



1.HDD内を整理、バックアップ

まずは、現行HDD内のデータ整理から。
不要なデータは削除、外部HDD等の保存で問題ない写真や動画データは、どんどん移動しちゃいます。
あ!ゴミ箱内を空にするのも忘れずに。
それからデフラグを実行した後、もしもの時の為にバックアップをとっておけば安心です。

HDD容量500GBのうち、使用領域を約30GBにまで減らせました。
私の場合、ほとんどのデータは外部ディスクに保存しているので整理は簡単でした( *・ω・)ノ


2.データ移行ソフト「Intel Data Migration Software」をダウンロード

下記インテル ダウンロード・センターから、言語が日本語のファイルをダウンロードしておきます。
データ移行ソフト「Intel Data Migration Software」ダウンロード・センター
http://www.intel.com/go/ssdinstallation

Intel Data Migration Software


3.PCにSSDを接続

今回は3.5インチドライブベイに設置する為、付属のマウンティング・アダプターにSSD本体を取り付けます。

Intel SSD 330 120GBの3.5インチドライブベイ裏側取り付け画像です。
SSDとマウンティング・アダプターを裏向きにし、付属のネジで4カ所を固定します。



Intel SSD 330 120GBの3.5インチドライブベイの取り付け画像です。
これで、SSDにマウンティング・アダプターの取り付けは完了です(*'ー')



HDDからSSDへ換装の為、PC本体のカバーを外します。

次に、PCの電源ケーブルを抜いて、PC本体のカバーを外します。




マウスコンピュータデスクトップPC内の位置説明です。
マウスコンピュータデスクトップPC内の3.5インチドライブベイ、
SATAインタフェースコネクターの位置画像です。

ここからの取り付け手順は、パソコンによって変わりますのでご参考まで。



Intel SSD 330 120GBのPC取り付け画像です。
3.5インチドライブベイをPC本体から取り外し、空いている箇所に付属のネジでSSDを取り付けます。
付属のSATAインターフェースケーブルの片方を、SSD本体に接続します。



Intel SSD 330 120GBのSATA to SATAインターフェースケーブルの取り付け画像です。

SSD本体のコネクタ拡大写真です。




マザーボード上のSATAインターフェースコネクタ
次に、マザーボード上の空いているSATAインターフェースコネクターに
もう片方のSATAインターフェースケーブルを接続します。

512GB 256GB 128GB Internal Solid State Drive KingFast 2.5" SSD

PC内に3.5インチドライブベイを戻します。
2.5 Inch SATA II SSD 2-Channel Solid State Disk MLC Free Shipping
PC本体に3.5インチドライブベイを戻し、SSDに電源ケーブルを接続します。
このPCは二股電源ケーブルを使用していた為、ケーブルが短く、3.5インチドライブベイを
元に戻してからの接続となりました。
HDDはバックアップ用のドライブとして使用したいので外しませんでした。

最後にコンピューターの電源を入れて、SSDが認識されればひとまず取り付け作業は完了[note]

次はいよいよ、HDDからSSDへデータ移行です( *・ω・)ノ

お役に立てたらクリックしてくれるとウレシいです♪


NEXT→ 女の子でも出来る♪HDDをSSDに交換 クローンデータ作成・移行 | Vol.2
http://in-a-tranz.net/weblog/log/clone_data_create.html





→【関連情報】

女の子でも出来る~ドコモからMNPで格安SIM最強の「IIJmioみおふぉん」へ乗り換えました
http://in-a-tranz.net/weblog/log/transfer_to_iijmio_miofone_mnp_from_docomo.html


クリックが軽いウェブデザイナーが使う定番マウス サーマルテイク社の「THERON」
http://in-a-tranz.net/weblog/log/thermaltake_blk0002dt.html


Intel Solid-State Drive 330 Series メーカーホームページです。
http://www.intel.com/content/www/us/en/solid-state-drives/solid-state-drives-330-series.html


インテル 330 Series SSDSC2CT120A3K5 Amazonの商品ページです。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B007P71J9W/ref=oh_details_o00_s00_i00


ブログピープルランキング
金沢のホームページ制作とSEO対策会社インナトランス・ウェブデザインのホームページです。
http://in-a-tranz.net/
PC | comments (0) | trackbacks (0) | posted by Maya

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks

MENU

- CLOSE -