水辺の森公園~オランダ坂と東山手洋館群の夕暮れ

長崎オランダ坂

FC2ブログランキングです

水辺の森公園~オランダ坂と東山手洋館群の景色 | 金沢から長崎への旅No.19

こんにちは、Mayaです。

→前回の記事です。
ガイドブックに紹介されない長崎らしい風景 十人町(じゅうにんまち)の路地裏を散策 | 金沢から長崎への旅No.18
http://in-a-tranz.net/weblog/log/landscape_real_nagasaki.html


路面電車大浦海岸通の電停です。

中国文化が残る唐人屋敷通り周辺を歩いた後、再び長崎電気軌道の路面電車に乗り、大浦海岸通りへやってきました。
電停すぐの信号を渡り北へ進んでいくと、海沿いに長崎港を望む「水辺の森公園」がありました。

長崎港の夕暮れ

ベンチに座り長崎の海を眺めながら、歩き疲れた足を少し休ませます。(*'ー')

水辺の森公園は、再開発事業の一環で長崎港内を埋め立てて造られたそう。
海と緑に囲まれた美しい場所には、スケボーで遊ぶ子ども達や、釣りをしているオジサン、
犬を散歩させているカップルなどがいて、長崎市民の憩いの場となっていました。

水面を眺めながら、暫く長崎の海に見とれました。
夕陽が、とっても美しかったです。

水辺の森公園の公式ホームページです。
http://www.mizubenomori.jp/index.html


大浦海岸通の景色

休憩後、大浦海岸通電停へ戻ってきました。これは、信号待ちをしてる間に撮った交差点から見えた風景。
空に向かってぐんぐん育つヤシの木が、少しだけカリフォルニア・サンディエゴにいるかのような気分にさせてくれます。(*´艸`)

オランダ通り

さて、長崎の観光名所といえば王道の、オランダ坂!

大勢の観光客がいるかと思えば、なぜか?この日はガラガラでした。

大通りから一本となりの「オランダ通り」を北に歩きながら、東山手町へ向かいます。(*'ー')ノ
キレイに鋪装された通りを歩いていると、交差路の右側にオランダ坂が現れました。

オランダ坂

美しい石畳のオランダ坂を、グングン昇っていきます。

オランダ坂の道路いっぱいに敷き詰められた石畳が周辺の景観とマッチしています。
建設当時は、アスファルト舗装など無かった時代。
オランダ坂は相当な労力とコストが、かけられて作られたのでしょう。

オランダ坂の風景

坂の上に、さらに坂道が!その上にも坂道。

この連続する坂道を見て思いだしたのが、金沢のW坂。
金沢のW坂なんて長崎では誰も気にしてくれないでしょうね。(笑)

長崎の街を歩いていると、時々平行感覚が無くなるような気がします。( ̄∀ ̄*)

東山手12番館

国の重要文化財に指定されている「東山手十二番館」。

プロイセン領事館やアメリカ領事館としても使われたそうです。
無料で見学できるのですが、残念ながら17:00閉館で、この日は間に合いませんでした。(ノ_-。)

長崎観光案内の石版

東山手十二番館のちょうど反対側に、大浦地区の観光案内マップが描かれた立派な石版がありました。
現在地は、活水(かっすい)女子大学と長崎市立梅香崎(うめがさき)中学校の間くらい。

下校途中の女子学生達が楽しそうにお喋りをしながら坂道を行き交っていました。

オランダ坂の住宅街

人の身長以上ある高い石垣の上に建てられた家々。
遮る物が何もないので、窓からの見晴らしは抜群でしょうね。(*´艸`)

金沢と比べて、長崎の観光地を歩きながら素晴らしいなぁと思える点は
当時の姿のまま、歴史遺産を後世に残している点。

旧いモノは、どんどん壊して新しく造り直す金沢の手法と違い、
長崎では、どれも歴史的な重みや本物が持つオーラを感じました。

東山手の景色

坂の途中から見える景色。
金沢には無い、市の中心部に山の上まで密集する家々は、やっぱり何度見ても不思議です。

東山手洋館群

オランダ坂を進んでいくと、下り坂の右手に「東山手洋館群」が見えてきました。

この洋館群は、明治時代に外国人への貸しアパートとして建築されたそう。
残念ながらこちらも17:00で閉館していて、中を見ることが出来なかったのでサッと外観だけ見て回りました。

外壁の回り縁やメダリオンなどにアールデコの影響を受けているのがわかります。
ただ、欄間に龍がいたり和とも唐とも云えない独特な造形でした。

東山手洋館群

かつて外国人居留地だった東山手や南山手一帯は、館内町とは違った西洋的な独特の雰囲気を感じます。
白と水色の配色がカワイイ小さな木造洋館。手すりや玄関ポーチの細かい意匠が美しいです。

長崎観光ポータルサイト「ながさき旅ネット」の東山手洋風住宅群の詳細ページです。
http://www.nagasaki-tabinet.com/guide/86/


オランダ坂の急な坂道

オランダ坂へ戻ると、とっても急な坂道が。( ̄∀ ̄*)
画像から坂道の急角度がわかりますか!? かなり!相当な急坂です!

それでも、車やスクーターは慣れっこなのか、地元長崎の方々は手慣れた運転さばきでスイスイ走っていきます。

オランダ坂からみる山側の景色

オランダ坂の途中から見えた、山側の景色。
山の斜面に建ち並ぶ家々が、ゆっくりとオレンジ色に染まっていきます。
オランダ坂から見る街並みは長崎ならではの、とっても美しい風景でした。

次は石橋電停へ向かう途中、路地裏を探訪したいと思います。(つづく)

→金沢から長崎への旅 INDEXページです。




ブログピープルランキング
金沢市のホームページ制作・SEO対策会社IN-A-TRANZウェブデザイン事務所のホームページです。
http://in-a-tranz.net/
Scenic | comments (0) | trackbacks (0) | posted by Maya

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks

MENU

- CLOSE -