純喫茶アメリカンはミッドセンチュリー設計1960年代の意匠が特徴的な喫茶店 | 大阪なんば千日前商店街

純喫茶アメリカンの看板です。

FC2ブログランキングです

ミッドセンチュリー様式の純喫茶アメリカン 大阪なんば千日前商店街


こんにちは、Mayaです[shine]

大阪へ行くならデザインの勉強になるから喫茶アメリカンを見ておいた方がイイよ、
と代表に薦められ、なんば千日前商店街にある「純喫茶 アメリカン」へ行ってきました。
こんな意匠デザインの喫茶店は今まで見たことがありません。(´ω`人)
ウェブデザイナーの視点で色々と観察してみます。

アメリカンの店内は昭和30年代後半から昭和40年代にかけて流行ったミッドセンチュリー様式の意匠で、
フロアは1階、2階とも幾何学模様のフカフカの絨毯敷き。
(注.ミッドセンチュリーとは1960年代のアメリカで大流行した意匠設計です。)

アメリカンは、なんば千日前筋で1946年(昭和21年)創業の純喫茶。
現在の喫茶アメリカンは富士工務店の設計施工でRC構造5F建て(一部6F)1963年竣工です。

喫茶アメリカンの店舗サインは完全にソニックデザイン!
So-Caliサンディエゴの古くからのお店と同じ意匠、デザインです。

純喫茶アメリカンのらせん階段とシャンデリア。

純喫茶アメリカンの特徴的ならせん階段を上っていくと、
2階の天井から吊り下げられた美しい大きなシャンデリアに見とれてしまいます。

60年代~70年代のアメリカ映画に出てくるような雰囲気。
らせん階段を上って行くにつれて1960年代、昭和の日本へタイムスリップする様な気分になります。

純喫茶アメリカンのらせん階段とレリーフ。

どこを見てもため息が出るほど喫茶アメリカンの店内は60年代のミッドセンチュリーなデザインです。

微妙なアールで形成された木製手すり、
その下に配置されるSUSヘアラインのモールにシビれます。

らせん階段の壁に掛けられた喫茶アメリカンの照明レリーフは、
右側が女性、左側が男性をモチーフに1964年に彫刻家村上泰造さんによって造られたもの。

純喫茶アメリカンの白蝶貝の衝立。

白蝶貝を贅沢に使用した美しいパーティション(衝立)、とっても素敵。
現代の建築家には発想すら出来ない素晴らしいデザインです。

特筆すべきは、それらがチリ・ホコリなど一切無く、ピカピカの状態。
メンテナンスが隅々まで行き届いているなぁ~と感じました。

純喫茶アメリカンの店内の様子。

アメリカン2階席の天井も凝ったデザインになっています。
So-Caliに古くからあるダイナー「エルカホンのラッドフォーズ・レストラン」を思い出しました。

店内に真っ直ぐ延びる照明シェードはミッドセンチュリー様式の特徴で
サンディエゴのミッションバレーにあるMacy's店内とそっくり!

後付けされたとわかる安っぽいダウンライトが残念!!
せっかくのミッドセンチュリーな空間をブチ壊しています・・・。
設計者が泣きますよ~

純喫茶アメリカンのメニュー。

昭和30年代から変わらないデザインの制服を着たウェイトレスさんに
ケーキセット930円とミートスパゲッティ(サラダ付き)840円を注文しました。
しっかりした造りの赤いメニュー表も素敵なデザインですね[heart]

純喫茶アメリカンのオリジナルデザインの紙ナプキン。

コースター、ストロー、紙ナプキンは、1960年代から変わらぬ純喫茶アメリカンのオリジナルデザイン。
現在でも使われる当時物のフォーク、スプーン、おしぼり用SUSトレイ。
昭和30年代にこれらをトータルに店舗プロデュースした方のセンスは本当に凄いと思います。

ミートスパゲッティ。

オーダー後、5分ほどで出来上がったミートスパゲッティは昔ながらの喫茶店のスパゲッティ。
予め茹でられストックした麺を注文が入るとサラダ油で炒めるタイプ。
ミートソースも子供の頃に食べたママーの缶入りミートソース風。
全く小洒落た小細工など無しで昔ながらの懐かしい味がしました。

正統派な喫茶店のミートスパの典型です。

ケーキセット。

シンプルな珈琲に濃厚なチョコレートのオペラがよく合います。

純喫茶アメリカンの外観画像。

喫茶アメリカンの創業者は山野勝治郎さん。
「利益は全てお店に注ぐ」精神で、喫茶アメリカンをここまで大きくされたそう。
お店を本当に愛されているのですね。

喫茶アメリカンは大阪府立大の橋爪紳也教授(建築史・都市文化論)をはじめ、
7人の専門家が選出した2013年度「生きた建築ミュージアム事業」に選ばれています。

竣工当時、昭和30年代の大阪の人々は、この喫茶アメリカンを見てどう思ったのでしょうか。
驚きと未来への繁栄、期待を抱いたのでは?

最近、あちこちに出来ている昭和博物館的な幼稚な物とは比べものにならない、
本物しか持たないオーラを感じる「純喫茶アメリカン」、オススメです。(*ゝω・*)


純喫茶アメリカン

住所:大阪府大阪市中央区道頓堀1-7-4 アメリカンビル
TEL:06-6211-2100
営業時間:9:00-23:00(L.O.22:45)、火曜9:00-22:30(L.O.22:15) 祝・祝前は除く
定休日:不定休 (第2・3木曜日とその他1回木曜日の月3回休み、12/31休み)

→→阪堺電車の旅 総まとめ INDEXページです。


純喫茶アメリカンのGoogleマップです。
http://goo.gl/maps/aqLvA




【喫茶店・カフェ関連の記事です】
1955年創業シャモニーモンブラン本店のプリン・アラモードと昭和レトロなサンデーグラス
http://in-a-tranz.net/weblog/log/mont_blanc_hiroshima.html


昔ながらの駅前喫茶店「コーヒー&レストハウス 論(ろん)」で昭和のランチタイム♪
http://in-a-tranz.net/weblog/log/konan_ron_coffee_restaurant.html


オフィス街に佇む隠れ家的なカフェ「ストーン」
http://in-a-tranz.net/weblog/log/stone_cafe.html


昭和38年創業の自家焙煎喫茶レトロな喫茶店「くらうん」
http://in-a-tranz.net/weblog/log/eid1327.html


「カフェ solo ソロ」 JR金沢駅西近くの少人数向け隠れ家カフェ 
http://in-a-tranz.net/weblog/log/cafe_solo.html




ブログピープルランキング
金沢のホームページ制作とSEO対策会社インナトランス・ウェブデザインのホームページです。
http://in-a-tranz.net/
Yummy | comments (0) | trackbacks (1) | posted by Maya

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks

スマート珈琲店 京都市三条の喫茶店 ホットケーキセット | BLOG | 金沢湯涌温泉あたらしや 公式ブログ | 2014/09/30 04:18 PM
三条の商店街の中にひっそりと佇む「スマート珈琲店」。学生の頃に、一度行ったことがあり、今回はこちらでモーニング。朝早くに行ったこともあり、すぐに座れました。店内は珈琲のとてもいい香りが漂っています。...

MENU

- CLOSE -