カリフォルニア・サンディエゴのレトロなコインランドリー「ランドロマット」

Laundromat

金沢市のSEO対策とホームページの制作や作成ならインナトランスウェブデザインのFC2ブログランキングバナーです。

こんにちは、Mayaです。
カリフォルニア・サンディエゴLife、コインランドリー編。

溜まった洗濯物を一気に片付けるため、コインランドリーへ出かけました。

年季の入ってる白い自動販売機は洗剤、青い両替機はクォーター専用。

現地スタッフからコインランドリーが多いエリアは治安も悪く
注意する様に云われていたので少し緊張です。確かにラホヤで
コインランドリーは見かけないけど、エルカホンやユークリッドは
あちこちに有って確かに怖い雰囲気。この日はジェネシーのモールに
在る、治安の良いエリアのコインランドリーを利用してみました。

laundromat

見て下さい、このレトロなコインランドリー。
天井の木材の梁が、日本的な雰囲気で落ち着きます。
だけど殺伐とした雰囲気がアメリカを感じさせてくれます。

ステンレス剥き出しのドラム式洗濯機と乾燥機が並ぶ広い店内。

アメリカではコインランドリーのことを、「laundromat(ランドロマット)」と言うそう。
こちらでコインランドリーを探すときは、
「laundromat」をキーワードに探してみて下さいね( *・ω・)ノ

laundromat

わたしは日本と同じ様な小型の洗濯機を利用する事にします。

さて、この古い洗濯機、動くかどうかはある意味「賭け」です。
壊れていて、コインを入れても動かないものもあるので、注意して下さい!

laundromat

動いてくれそうな洗濯機をよーく選んで
コイン挿入口へクォーター硬貨7枚を入れ、奥へチカラ一杯に押し込みます。

laundromat

電源が入り、水が出てくればまずは一安心。
ステータスランプが消え、洗濯が終わるまで30分ほど待ち時間。

待っている間も、洗濯機から目を離さないように気をつけなければいけません。
動いている洗濯機の中から、洗濯物をごっそり取り出して、
自分の洗濯物を入れる人もいるんだとか。。

日本の常識は全く通用しないので、様々な場所で注意が必要なUS。
全てが自己管理責任のアメリカです(*'ー')


ホームページ制作などのIN-A-TRANZブログピープル用ランキングバナーです。
金沢市のHP制作からSEO対策までWebに関する様々なサービスを
ご提供するIN-A-TRANZのホームページです。 http://in-a-tranz.net/

 
Life | comments (0) | - | posted by Maya

Comments

Comment Form

icons:

MENU

- CLOSE -